お昼までは何を食べてもOK!ビーマルワン活用ダイエット

お昼までは何を食べてもOK!ビーマルワン活用ダイエット

お昼までは何を食べてもOK!ビーマルワン活用ダイエット


人間の体内には様々な細胞がありますが、その中でもダイエットに影響しやすい細胞として「B-MAL1(ビーマルワン)」というものがあります。

この細胞は何かというと、主に飲み食いした物を脂肪として体内に取り込む働きをします。
脂肪というと食べ物を食べれば食べるほど、なんとなく増えていくものだとボンヤリとしたイメージを持っている方が多いかと思いますが、主にビーマルワンの作用によって増えるという明確な仕組みがあるのです。

そこで、このビーマルワンを利用した効果的なダイエットをご紹介します。
それは、ビーマルワンの持つ特徴である「体内に発生する数が時間帯によって違う」という性質を利用する方法です。

一般的に朝起きて夜眠る生活サイクルを送っている方であれば、ビーマルワンは朝の6時に最も少なくなり、そこから徐々に数を増やして夜の22時に最も多くなります。

実は脂肪の吸収率もビーマルワンのサイクルに比例して、多くなったり少なくなったりするのです。
これを利用したダイエット方法として、朝から昼間に掛けては好きな物を食べ、夜に近づくほど節制を意識した食に変えて行くというものをお勧めします。

まず朝ですが、ビーマルワンが最も少ない時間帯ですので、甘い物でも脂肪分の多い物でもなんでも食べて構いません。
ただ、寝起きでそこまで食欲が湧きづらい事もあり、好きな物でも少し食べただけで満足感を得る事が出来るはずです。

昼間、仮に12時?13時にご飯を食べるとして、この時も好きな物を食べて下さい。
もちろんこの時間帯から節制を始めればよりスピーディーにダイエットを進める事が出来ますが、その分ストレスが溜まりやすくなり、食欲が爆発してしまう瞬間を迎えやすくなりますので、あまりお勧めは出来ません。

そして夜、20時?22時の間にご飯を食べるとして、この時間帯だけは節制が必要です。
サラダ中心のメニューにするなど、1日の内でただ1度の我慢の時間帯と捉えて頑張りましょう。

ここで1つ重要なポイントがあるのですが、朝になれば何でも好きな物を食べれると自分自身に言い聞かせて下さい。
果てしなく続いてしまうような節制ではなく、我慢するのは夜だけで、朝になれば好きな物を好きなだけ食べれると強く認識する事。
これにより、節制がストレスになりづらくなるのです。
そして、朝を迎えてまた好きな物を食べる...このようなサイクルになります。

実際に私が実践したのですが、ベスト体重から10kgほど太ってしまった時期にこのサイクルへと変えたところ、2ヶ月で丸々10kgのダイエットに成功しました。

体験から言える事は、やはりストレスが掛かりにくくいつまででも続けられるような食生活ですので、リバウンドにも繋がりにくいという事です。

もし興味を持たれた方は、是非一度ビーマルワンをご自身でお調べになり、その働きを確認してこのようなダイエットを実践してみて下さい。

心身ともに無理なく痩せられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ