食べる量だけ減してダイエットに成功!

食べる量だけ減してダイエットに成功!

食べる量だけ減してダイエットに成功!


私は以前体重が58キロ、身長は160センチでした。
やっぱりどう考えてもちょっとポッチャリ体型なので何とかしたいと思ってダイエットを始めました。

私が太ってしまった原因はアメリカに1年間留学をして1年で10キロも太ってしまった事が原因でした。
と言うのも、アメリカでの食事が好きでついついよく食べてしまっていたからです。

日本に帰るとやっぱり洋服もスマートなデザインの物が多いのでそれで私はダイエットをしようと思って始めました。

私が始めたダイエットは、ただ食事の量を減らすだけの誰にでも出来るダイエットを始めました。
慣れるまではどうしてもお腹が減ってしまって物凄くキツかったのですが、それでも我慢して1週間、2週間と過ぎていくうちにだんだんと慣れてきました。

私が食べていたのは、毎朝コーヒー(牛乳と砂糖を入れたもの)に好きな菓子パン1個でした。
たまにヨーグルトも食べていましたが、殆どはそんな感じでした。朝は甘い物が欲しくなるので、朝だけは甘い物を食べても良い事にしました。

お昼は、メインはフルーツを食べました。とは言ってもりんご1個とバナナ1本、そして豆乳。といった感じを毎日続けました。
豆乳を飲む理由は豆乳は他の飲み物よりも腹持ちが良いからです。

これをゆっくり飲むとお腹がいっぱいになった感じがするので、これは欠かせませんでした。

夜はダイエット前と同じような普通の食事(ご飯とおかず)を食べるのですが、その量を普通の1人分の食事の半分以下の量に減らして食べました。

ダイエットをしてもやっぱり食事でご飯も野菜もお肉も食べないと言うのは物凄く不健康になってしまいそうなので夜だけはちゃんと食事を食べました。

量がいつもより随分少なくなるので物凄くお腹が空いてしまったりはするのですが、それでも痩せるために頑張りました。

夜は9時以降は絶対に何も食べないと決めて、夕食はどうしても朝、昼と殆ど食べていないのでお腹が空く時間も早く、遅くても6時には食事を済ませていました。

夜は寝るまでどうしてもお腹が空いてしまうので、コーヒーにミルクを入れて砂糖を少しだけ入れてゆっくり飲んでお腹が空いてしまうのを防ぎました。
どうしても眠れないほどキツイ時は夜も豆乳を少しずつ飲みながら何とか我慢しました。

これを1年続けて私は58キロ有った体重を43キロまで落としました。
これだと随分顔の輪郭もスッキリしたし、洋服も細めのジーンズが似合うようになりました。

さすがに10キロ痩せると友達も「えっ」と驚く程見た目の印象が違うようで、ダイエットを頑張って良かったと思いました。
私がこの方法で痩せてから別にリバウンドをする事もなく体重の維持が何とか出来ました。

と言うのも、一度慣れてしまって痩せた自分を見ると、これ以上太りたくないと思う気持ちが心の中で有ったので、逆に食べる事にある程度抵抗が出た事も理由の一つだと思います。

なのでそれからは自然に食べすぎに注意をしたり、食べる物に気を付けるようになりました。辛い時も有ったけれど頑張って良かったです。







ホーム RSS購読 サイトマップ